メタボメ茶のダイエット効果と美容作用~ダイエットTVが本気で解説!

メタボメ茶のダイエット効果が若い女性の間でも話題に!

プーアール茶とはウーロン茶と兄弟茶のようなイメージがありますが、そこにはウーロン茶以上に得られる効果があったのでご紹介します。

代表的なお茶にはダイエットプーアル茶やメタボメ茶があげられますよね。

a

☆デトックス効果

プーアール茶には酵素が入っています。
酵素とは悪玉菌の働きを抑えてくれます。更には善玉菌の味方をしてくれるのです。
この効果は便秘解消に効果大で、便秘知らずの体へと導いてくれます。

☆がん予防

アポトーシスという成分ががん細胞を自滅へと追い込んでくれる特殊な効果をもたらしてくれるため、がん細胞は大きくならず小さくなっていくのです。

☆冷え性改善

発酵茶なので体をポカポカにしてくれる作用があり冷えで悩んでいる方はメタボメ茶をホットで飲んでいると改善されます。

☆美肌効果

ビタミンB2が皮膚や粘膜を再生してくれる効果があります。これでシミやシワが少しずつ消えていき更には美白になれるのです。

更にはビタミンB6で健康な肌細胞が作られるので飲み続けることで美肌効果を持続させられます。

☆免疫力up

殺菌作用のある重合カテキンが入っているので体内に入ったウイルスに強く作用をしてくれます。
風邪の時など体が弱っている時こそ飲んでみると良いのです。

以上がメタボメ茶の健康に良い効果でした。

調べてみるとこんなにもいろいろな効果があったのです。
プーアール茶に目を向けたことのなかった方でも是非飲んでみてほしい効果ばかりでした。

ここまで読むとメリットしか無いように感じますがもちろんデメリットも少なからずあります。

それは飲みすぎるとシュウ酸という成分が体内で結石を作ってしまう可能性があるのでカルシウムの入った食事を摂取するようにしましょう。

またクエン酸もシュウ酸からくる結石対策に良いとされています。

レモン果汁を少しメタボメ茶に垂らしてみたりすると更に体への影響を抑えられるのです。

梅干しを中に入れてみても良いかもしれません。

もう一つ気をつけることはカフェインが入っているので不眠になってしまったり貧血になってしまったり、更にはめまいや下痢を引き起こすことにもなってしまいます。

結石や下痢などプーアール茶で不調が出てしまってはまるで意味がありません。

結論、やはりプーアル茶を飲むのであればメタボメ茶が一番のおすすめです。

ティーライフの公式HPではその情報も詳しく見る事ができるので参考にするとよいかもしれませんね。

1日に飲んでも良いとされている適切な量は1000mlくらいが目安です。

この分量をしっかり守ってバランスよく摂取していけるのが理想です。

妊婦さんなどはこの半分くらいで試してみましょ。

ひと工夫で安心しスッキリとしたメタボメ茶茶ライフを送れるようになれるので是非試してみてください。

以前に仕事の関係でマレーシアに住んでいたことがあります。この国は中華系民族が多いために、至る所で中華料理レストランや屋台を目にします。そして自分もよくそれらのお店で中華料理を食べました。中華料理といっても日本で食べるような高級なものもあれば、一皿百円程度で食べることのできるものもあります。そしてこのような料理を食べるとき、自分は必ずチャイニーズティーを注文していました。メタボメ茶とはいわゆる中国茶のことです。注文を聞きに来るウェイターやウェイトレスさんに「チャイニーズティー」といえば、中国茶が運ばれてくるわけです。

しかしマレーシアでのチャイニーズティーは大きく分けると二種類に分類されます。一つは普通のウーロン茶で、もう一つはジャスミンティーです。実のところどちらのお茶をチャイニーズティーとしてお客さんに出すのかはお店次第であるために、お客さんにはわかりません。個人的にはジャスミンティーが好きだったために、注文した後「ジャスミンティーが来ますように」と願いを込めたものです。

そしてマレーシアのジャスミンティーにはウーロン茶の葉が使用されるのが一般的です。そのため飲んだ後にはしっかりとウーロン茶の味が舌に残ります。

ジャスミンティーが運ばれてくるにしても、そして普通のウーロン茶が運ばれてくるにしても、中華料理を食べながらこのほどよい苦みを感じるお茶を飲むというのは実に満足のいくものです。マレーシアにいる間、中華料理にはやはりウーロン茶がマッチすることを実感しました。もちろん自分が口にした中華料理はほんの一握りでしたので、種類によっては他のお茶がマッチする中華料理もあると思います。

それでも油がたくさん使われる中華料理に油を流し去る作用を持つウーロン茶が使用されることが納得できました。

マレーシアではメタボメ茶が最も安い飲み物の部類に入ります。そのため数十円でワンカップのお茶を注文できました。暑いときには氷入りの冷たいチャイニーズティーを、そしてゆっくりと落ち着いて中華料理を食べるときには温かいメタボメ茶をよく注文しました。

基本的にゆっくりと中華料理を食べるときはクーラーのあるレストランでの食事となりましたので、温かいチャイニーズティーがとても美味しかったです。日本にいるときはあまり飲まなかったウーロン茶でしたが、マレーシアで飲んだのをきっかけに大好きになりました。