ダイエットは辛いとか

メンタル系の疾患で、薬を飲んでいます。
副作用で、食欲が出てしまい、太っていました。90キロ前後までありました。
しかし、今は、二ヶ月前後で、60台まで下がっています。

多くの人は、ダイエットは辛いとか厳しいとか思っているのかなと思います。
まず、やるべきなのか、食事制限や運動よりも、考え方を変える事です。
ダイエットは、健康になるため、美味しいものを美味しく食べられるようになるため、
着たい服を着られるようになるため、など。
本来は、楽しいこと、わくわくすることです。
ダイエットよりも、ご飯が好きなら、食べればいいのです。
無理しているとかえって痩せにくくなってしまうような気がしてならないです。
特に、減量を意識する事はない。
食事よりも、楽しい事を見つけましょうよ。好きな運動・ストレッチ見つけましょう。
自分に合う運動との出会いは、気持ちがいいし、毎日が、楽しくなります。
多くの人は、やらないといけない、と義務になってしまう。義務で運動や減量でやることほど、辛いものはないです。
そして、毎日でなくても大丈夫。

m010254

私は、二日に一度、ラジオ体操。
朝にラジオ体操は、とても良い。朝型になるし、気持ちがいいし、早朝の風は清々しくて、一日のスタートが全然違ってきます。
小学生時代を思い出すし、ある意味、アンチエイジング効果あるかも、と期待しています。
でも、やはり無理をしないこと。簡単そうだけど、私は、更にハードルを下げてやっていました。
苦手なジャンプとかは、やらなくてもいい。ただ、一つ一つの体操な、身体で動きを意識して行う。
運動は、それだけです。

食事は、平日は、可能な限り質素に。休日は、好きなモノを食べる。
その際、カロリーは気にしない。
カロリー計算は、大切だと思いますが、面倒です。
面倒だと思うから、減量も面倒くさくなってしまう。そうなら最初から、
大雑把に気にしないで、感覚的に質素な食事に気をつけていきました。

そして、焦らないこと。
10年かけて太ってきたなら、10年かけて痩せていく。
短期で痩せようって気持ちはわかります。でも、それだけ体に負担がかかります。
それだけ覚悟も大きいです。
自分への投資だと思って、10年後へのプレゼントだと思って、長期的にやりましょう。
断言できることがあります。
長期的に、ゆとりを持ちながらダイエットをすると、
予想よりも早くやせることができます。
それだけ、気持ちのあり方が、身体に影響をする。それを忘れないで下さいませ。
私も、気をつけていることです。